2021年04月のニュース一覧

  • お知らせ

今後

これからのレッドツリーのロイヤルパープル販売に関して


レッドツリーが安心&安全なロイヤルパープルを提供します


レッドツリーのロイヤルパープルオイルを届けます



今までのロイヤルパープルはお客様にとって、不親切でした。
自称並行、自称正規輸入に溢れ、何が真実かも判らない状況でした


商標権がついた商品を販売する場合
販売者が、商品に関して、本物である事を証明&保証しなければなりません。
今日現在、自称直輸入、自称正規輸入業者という表現ばかりで、どの業者もその部分はグレーとなっています。

その点を改善するつもりで、コストはかかりましたが、カルメット社に直接引き取りをし輸入をしています。
カルメットの工場から、弊社に入庫するまで一貫して(株)日新様に全てを委託しています。
その上で、今後は、弊社の商品には、弊社が輸入した事を証明するステッカーを貼る予定です(カルメットと交渉中)
勿論、商品の品質は、レッドツリーが保証します。

価格の改定、特約店の設置をします

企業努力で頑張ってきましたが、コロナ禍での、輸送料の高騰、商品の値上げ、さらには他社との差別化も測るため、価格の改定(値上げ)を年内に実施予定です。 

これに伴い、レッドツリーは、
・商品の安定供給
・レッドツリーのロイヤルパープルオイルのプロモーション
・取扱店やお客様に関してのサポート
・輸入に伴う経費の削減

に注力します
特に、一番最後の、輸入経費削減が今後の商品価格の鍵を握ると考えて居ます(商品の原価はほぼ全て、危険物としての送料が占めているからです)



販売網の見直し、特約店を各エリアに設置します
レッドツリーのロイヤルパープルを販売に力を入れてくれるところが、より販売しやすくなるビジネスモデルを構築します。
そして、オープンプライスも廃止、メーカ希望小売価格を設定します。
取扱店が儲かる商材で無ければ、売れるわけがありません
レッドツリーのロイヤルパープルは、お客を呼べるオイルと自信を持って言う事が出来ます。

今までは、お客様に届けるためのプロセスを減らす事が、コストを下げ、商品の価格が下がり、お客様の幸せにつながると考えてきました。
それは間違いで、自称直輸入、自称正規輸入が逆に増えてしまう結果になりました。

お客様に届けて貰う取扱店を増やし、お客様に手軽に届く環境の構築を目指します。




ここに至るまで

輸入権を取得し約4年、かなり試行錯誤してきました
別れもあり、新たな出会いもありました

ようやく、形になってきたのが昨年でした
常に欠品が存在する状態で(現在も3品が欠品)、ご迷惑をおかけしながら、今に至っています。

その後、
・他社の超有名老舗輸入オイルメーカー関係者
・ロイヤルを最初に輸入していた人達
などにお会いして、偽物問題、ロイヤルパープルの問題の本質が見えてきました

色々考え、でた結論は
「今のお客様を大事にすること」
つまり、レッドツリーが輸入するロイヤルパープル(レッドツリーのロイヤル)を盤石の状態にする事です。
その過程で、可能であれば、この素晴らしいロイヤルパープルを日本で広めていこうと考えました

ロイヤルパープルは良い製品ですが
今まで関わった人が悪すぎました、私が輸入権を得た理由はシンプルです

何故、こんなにも素晴らしいロイヤルパープルが日本だけは売れないんだ?もっと売れ!!!!

って事でした
ロイヤルパープルオイルは、素晴らしいオイルですが、自称正規輸入、自称直輸入が乱立した状態です。
さらに、わかりにくい日本の商流があります。

素晴らしいオイルでも、消費者にとって親切では無い。わかりにくいオイルであれば、それは消え去るオイルです。
この状況を放置すれば、日本におけるロイヤルパープルは終わりと思っています。





最後に

わかりにくい、日本のロイヤルパープルですが
まずは、レッドツリーのロイヤルパープルを日本中で売りまくります。
難しい事を長く書き連ねましたが、ロイヤルパープルで車も人も幸せにしたいです♪

宜しくお願いします。


レッドツリー代表取締役 赤木俊博






追記

本物のロイヤルパープルですが

  • 油圧の極端なドロップはありません
  • 使用後のオイルでも、新品当時の匂いが残ります

その他の見分け方もありますが、ほとんどのおかしい商品はそれで区別可能です。
そして、ロイヤルパープルのボトル、ペール缶以外での販売は、禁止されています。
スペシャルオイルも存在しないので、ご注意ください。
もし、そのような商品を見かけた場合、弊社か、カルメットに連絡をお願いします。